スポンサーリンク

1ヶ月で痩せたいあなたに!短期集中ダイエットの体験談

数日の短期ダイエットでは一時しのぎの痩せ方しかできませんが、一ヶ月あればある程度本格的なダイエットが可能です。

その反面、挫折しやすいのもこのくらいの時期。

成果が見えない状態で厳しい節制を続けるのはツライものがありますよね。

そこで今回は1~2ヶ月で集中的にダイエットに取り組んだ人の体験談を集めました。

あなたのモチベーションアップの助けになれば幸いです。

 

スポンサーリンク

結婚の記念写真のために

結婚を前に打掛を着て記念写真を撮るためにした、昔のダイエットのお話です。

りんごダイエットに挑戦しました。

一日に食べてよいリンゴの数に制限はありませんが、朝とお昼とおやつの時間に食べて、夕飯は通常通り、ご飯とお肉や魚、野菜、海藻類などバランスよく食べました。

りんごは消化が早くて朝食で食べても2時間後にお腹がすくので、10時半ごろ食べて、さらにお昼、などといったように回数は細かく、何回かに分けて食べていました。

体重56キロが1か月で3キロ近く落ちました。

途中で気づいたのですが、皮ごと食べたほうが満足感があり腹持ちもしました。

途中にどうしても我慢できない時だけビターチョコを少しずつ食べていました。

 

キャベツダイエットした結果

23歳の時に第2次K-POPブームで少女時代が流行っていてテレビで見た少女時代のスタイルに衝撃を受け自分が太っていることが恥ずかしくなったのでダイエットを決意しました。

すぐにでも痩せたいと思い始めたダイエットが、夜ご飯を塩だれをかけただけのキャベツのみにすることでした。

今までご飯はしっかりたべていましたしお菓子も食べていたので効果はすぐに出ました。

3週間くらいで見た目も変わりましたが、友人から痩せすぎて可愛くないと言われてしまいました。

 

元彼も驚いた成果

私の短期のダイエット方法は、炭水化物を抜き、飲み物は青汁を中心にしていました。

すると1ヶ月に3キロぐらい痩せられました。

一番すごいのは、ポッコリお腹がすっきりペタンと腹肉が落ちたことでした。

嬉しくなり洋服を買い換えました。

元彼に会うことがあり、痩せたことに気がついてくるりと私の周囲を回りました。痩せたなと関心していました。

ダイエットして本当に良かったと思いました。今後も続けようと思いました。

 

低インスリンダイエット

39歳の春ごろのことです。

ストレスで食べる方に走り、気がついたら65キロを超えていました。

急激に体重が増えた為、着る服が難しくなっていました。

体調も優れずなんとかしないと思い、ダイエットに踏み切りました。

私が選んだのは、その当時、興味のあった低インスリンダイエットです。

まずは、本を購入して読破しました。

その後から実践を始めました。

料理方法や食べ方を工夫して継続し、急に運動するのも続かないと思い、出来るだけ歩く事を心がけました。

1ヶ月試したところ3キロの減量に成功しました。

食材を少し気にして食べ方を考える事をしただけで、ダイエットできたので嬉しかったです。

 

マラソン大会のため糖質制限ダイエット

私が実践した超短期ダイエットは、糖質制限ダイエットです。

しなければならなかった理由、それは勢いで申し込んでしまったマラソン大会が迫っていたからです。

日本海沿いを走って、参加賞には豪華な海の幸が貰えるよ、という誘いに乗って申し込みをしましたが、いやいや、フルマラソンを走れる体型ではない、と後になって気付きました。

そこで、仕事後のランニングに加えて糖質制限ダイエットを実践することに。

今まで気にした事がなかった糖質量もしっかりと数値化し、代わりにタンパク質の摂取量を増やしました。

すると、1週間目くらいから顔まわりに効果が出始め、35歳を過ぎると中々落ちにくい背中のお肉もスッキリとしたように感じました。

糖質以外は好きなものを食べていたので、あまりストレスは感じることなく、大会までの1ヶ月半続けることが出来ました。

ただ、少し体臭がキツくなった気がして、大会後はパタリと辞めてしまいましたが。

 

手のひらサイズのお肉

昨年の春頃、妊娠7か月の時に軽度の妊娠糖尿病が発覚。加えて体重の増えすぎを指摘されました。人にもよると思うのですが、つわりが終わるとご飯がおいしいんです(笑)

あまり気にしていなかったのですが、

「巨大児が生まれる」

「このままだとお産が大変になる」

と医師より脅され栄養指導を受けることに。

実際に食品サンプルを見せられ、1食でこのくらいにしてね、と指定されました。

お肉は手のひら位の量で充分なのね…。(牛丼大盛り食べてました。)てか、ほぼほぼ野菜じゃん。

と思っていたのですが効果は表れ、お産直前で妊娠前より+9キロで適正でした!

現在は糖尿もなく、赤ちゃんも元気!やはり食べ物は大事なんだと気づかされました。

 

結婚式までジムでハードトレーニング

短期間1ヶ月くらいで理想の体型になるためにダイエットしたことがあります。

痩せる必要があったのは親族の結婚式参列のため。

これまで通っていたジムへ定休日以外毎日通い、行けば8時間くらい滞在。

それまで続けていたヨガではやせないため、パワー系のレッスンやダンス系レッスンに連続参加。

クタクタになってサウナに入り追い込む。

水風呂で崩れそうな気持ちを立て直してなんとか1ヶ月で4㎏痩せることに成功。

死ぬかと思いましたよ。

 

バナナダイエット

21歳の時、転職したのをきっかけに食生活が乱れて、自分で気がつかない間に1年で20キロ太りました。

スーツもきつくなり、春の健康診断を前に朝バナナダイエットしました。

健康診断前1ヶ月でしたが、バナナ一本だと最初は足りないかなといましたが、続けている間に、胃袋も小さくなってきたのか食事も自然と少なくなりました。

便秘解消にもなり1ヶ月で7キロ位減量に成功しましたが、健康診断が終わり安心してしまい朝バナナをやめたらゆっくり体重も戻ってしまいました。

続けていたら良かったと今も思いますが、バナナだけだと飽きてしまうから失敗したのかなとも考えてしまいます。

季節のフルーツや野菜でいつも旬の食べ物でダイエットしたら楽しいかなと思います。

 

お宮参りまでに産後太りを解消

妊娠出産のせいで16キロも太ってしまった…

でも二ヶ月後にはお宮参りで着物を来て写真撮影があるからそれまでに痩せないとやばい!!

1番手っ取り早く痩せるには食事制限と運動だよな。よし今日から頑張ろう。

炭水化物は抜いて、水と野菜とタンパク質メイン。

筋トレとランニングも頑張ろう。

…開始から2日目だけどやっぱりきつい。想像してたよりもきつい。一気にリバウンドしちゃいそうで怖い。大丈夫かな。

開始から4日目。段々と慣れてきた。体も細くなってきたのが自分でもわかる。もっと追い込もう。

写真撮影当日までなんとか出産前の体重に戻れた!!辛かったけど頑張った自分を褒めたい。よかったー!

 

アラフォー前のダイエット

37歳の春、太りやすく痩せにくい私は今後に不安を抱きました。

40歳を過ぎたらもっと代謝も悪くなるので痩せるのは今しかないとダイエットをすることにしました。

まず最初に始めたことは断食です。

3日間飲み物だけにして、4日目から昼食だけにしました。

18時以降は水だけで間食もなしです。

最初はなかなか体重は落ちず、くじけそうでしたが、1週間たったころに急に2キロ体重が落ちていました。

そこからは毎日体重を測るごとに数100グラムずつ減っていき、2週間で3キロ減りました。

少し油断して夕食を1度食べましたが、体重が増えることはありませんでした。

1か月続けて4キロ落とすことができました。

その後はおなかがすいたときだけ朝・夕食を食べて、おなかがすいていないときは3食しっかり食べる必要はないとしています。

朝・夕食を食べても次の日は体重増加はありません。

たまにいつもより多く歩くと体重が少し減少しています。

理由はわかりませんが、夕食を抜いた時期はぐっすり眠ることができ、朝もスッキリ目覚めることができました。

わたしは食べることが好きだったので、食事を減らすことによって効果が出たと思いますが、一気に減らすことでストレスが溜まる可能性もあるので、ゆるぎない目標があればストレス溜めずにがんばれるのかなと思います。

私は今後への不安もそうでしたが、おなかプヨプヨの私が好きと言ってくれる彼氏を痩せてびっくりさせたいという目標がありました。

けれど4キロもやせたのに毎日会っているせいか痩せたことに気づいてくれないので、あと6キロはがんばりたいと思います。

 

10キロ減量に成功したけど…

現在28歳で、ダイエットを始めた時期は23歳の夏です。

服を綺麗に着こなしたいと思ったのと、韓国のアイドルに憧れて1日でも早く痩せたいと思いました。

ジムに毎日2時間ほど通い始めました。また、食事量も減らし、炭水化物は一切無し。おやつも無しにしました。

もともと自堕落な生活だったせいか、一ヶ月で10キロ近く痩せました。

服が綺麗に着られるようになり、どんな服を着ても(ユニクロ)などでも様になるようになりました。

周りから細いね!とチヤホヤしてもらえるようになりました。

これだけならハッピーエンドですが、実はリバウンドをしてしまいました。

ダイエットの終盤には周りから細すぎてちょっとおかしいと言われ始め、少しずつ大好きだったお菓子を食べるようになりました。

食べても食べても太らず体重は減る一方。でもこれ、筋肉が落ちて脂肪となっていただけなんです。

筋肉より脂肪の方が軽いので、ダイエットをやめた直後だけ体重が減っただけでした。

今ではほとんど元通りです。本当にリバウンドだけは気をつけてダイエットをしてください。

 

アミノ酸と犬の散歩

私の短期間ダイエットは、アミノ酸ダイエットです。

食事は玄米に変え一食100グラム程度にし、おかずは野菜中心の食事。プラスアミノ酸サプリを飲んで、当時大型犬を飼っていたので毎日1時間の散歩(早歩き)。

当時仕事もしていたのでスケジュール的につらい部分もありましたが、それを続けた結果一ヶ月で約8キロのダイエットに成功しました。

アミノ酸は一日2回朝晩に摂取しとにかく代謝を上げる事を目指して必死に頑張りました。

その後仕事を辞め、食事制限もしなくなったらそれ以上にリバウンドでしたが、現在は少しずつ日々の運動とお酒・食事を制限し無理なくまた再開しています。

 

ヨーグルトダイエットで最後のひと押し

私が短期ダイエットを始めた時期は、30歳の5月末から6月末でした。

28の時に子供を出産し、元の体重の残り3キロまできたところで体重減少がストップしました。

そこから体が元に戻らず、そろそろ減らしたいと本気になったので、ダイエットを本腰を入れてスタートしました。

ダイエットは、夜に炭水化物を取らずにサラダとおかずを食べるダイエットからスタートしました。

後は、毎朝体を動かすために、ヨガとウォーキング。気持ちが乗らない時はヨガのみで、早起きをして、体を動かしました。

ダイエットの成果は、一ヶ月で2キロ痩せるとこまで来ました。

しかし、目標体重まではまだ後少しのところ。

そこからなかなか体重が減らなかったので、今度は朝ごはんをヨーグルトのみの生活しました。するとみるみる体重が減り、1ヶ月半で目標体重の3キロ減ができました。

その結果、子供と遊ぶ時の体のだるさもなくなり、イライラも減りました。

 

チートデイの大切さ

ダイエットを始めたには29歳の1月です。

元々、スポーツをしていたこともありダイエットとはかけ離れた環境にいました。

ある日、ふと自分の身体を鏡で見たときに、体の厚みや腹囲のだらしなさに驚愕をし、勇気を持ち体重計に乗ったらまさかの過去最高体重。

一番痩せていた22歳の頃から10キロ増。その体重計の数字を見て、「これはやばい」とダイエットを決意しました。

取り組んだダイエット方法は「炭水化物抜きダイエット」。

スポーツをしていたせいもあり、普通の女性よりはるかにある食欲。大好きな炭水化物。

この炭水化物をまず摂取しないことを心がけました。そして野菜を普段より多く摂取しました。

炭水化物を抜いて、野菜を多く摂るだけで1カ月で「-4キロ」のダイエットに成功しました。

この時に気を付けたのは、もちろん大好きな炭水化物を摂取しないことで体重は減るけども、同時に「食べたいけど食べたらダメ」というストレスが発生します。

そのストレスを出来るだけ最小限に留めるために、どうしても食べたい時はチートデイを作り炭水化物を摂取しました。(多くても週1くらい)

ストレスをためずに続ける事が一番大事だと思います。

 

効果絶大の置き換えダイエット

私は高校2年生の9月に1か月ほどダイエットしました。

9月の終わりから10月の初めにかけて修学旅行があったのでダイエットしました。

ダイエットの方法は夜ご飯をグレープフルーツに変えるというものです。いわゆる置き換えダイエットです。

朝食と昼食は今まで通り食べて夕飯だけ変えていました。

その結果1か月弱で4キロほど痩せました。見た目でやせたことが分かるほど痩せました。

もっと落とせると思いましたが、体重の減少が止まってしまい4キロ以上は痩せませんでした。

自分の好きなフルーツで置き換えダイエットをするのは無理なく痩せられるのでお勧めです。

ただ、栄養が偏ってしまうので健康にはよくないと思います。

 

オートミールを美味しくする方法

31歳、4月から職場の人たちがダイエットを行なっていたことをきっかけに私もダイエット開始。

ダイエット方法としてオートミールダイエットを選んだ。

初めて口にした時の感想は、、、美味しくない。

ネットやクックパッドでレシピを調べまくり色々試してみた結果、2つのレシピに絞った。

一つ目はオートミールお好み焼き!

ソースやマヨネーズは普通のお好み焼き同様の量を使った。

美味しい!そして飽きない!

二つ目はオートミールをふやかした上に納豆、キムチ、韓国海苔。これも美味しい!

このメニューを夜限定で1か月続けた。

結果…1か月で2.8キロのダイエットに成功!

(ちなみに朝昼は普通に、そしてチョコレートなどのおやつも食べてもオッケーというルールでやった)

職場の誰よりも早く結果を出すことが出来たのが自慢。

 

出産前の軽めダイエット

32歳で妊娠していた時のことです。

もともと太り気味だったのでお医者さんにはこれ以上体重増えないように、むしろ1キロでもいいから減らすように、と注意を受けていました。

次の検診まで4週間で1キロ痩せようと思いました。

妊婦なので極端な食事制限やハードな運動は難しいかな、と思い軽めの糖質制限に挑戦しました。

朝は好きなものを食べ昼は糖質オフ麺やゼロ麺、夜は子供茶碗半分くらいのもち麦入りご飯にしてささみや豆腐でタンパク質を多めに摂るのを意識して過ごしました。

夏の暑い時期だったので昼の麺類は冷たくさっぱりした味付けで美味しく食べれて苦にならなかったです。

夕食後に30分くらいゆっくりウォーキングしたおかげか4週間で1.2キロほど痩せていました。

お医者さんにも体重管理できて偉いと褒められました。

妊娠していなかったらもう少し運動していたのでもっと痩せていたかもしれないですが、何でもやりすぎは禁物だから緩めに目標設定をするのがいいかもしれません。

 

先輩にかかる私の体重

短期ダイエットを始めた時期は、高校生の夏でした。

部活がチアガール部で大会にむけて人の上にのることがあるので体重をおとして負担をへらそうとかんがえました。

しかも先輩の上にたつので少しでも軽くならなければと思いました。

断食が手っ取り早いが運動するのに体力も必要なので、さつま芋ダイエットにしました。

朝はシリアルとミルクをとって、夜はお粥にしました。

甘いものがほしくなったら、甘栗向いちゃいましたを食べてました。

一ヶ月ちょっとで三キロおちて目標はクリアしましたが、大会終えて気が緩んで、いろんなものを普段よりも多く食べていたらリバウンドして太りました。

大会がまた冬にあるので、冬にむけて今度は運動をうまくとりいれてやせるほうこうにシフトしました。

二度目は短期より長期戦でやせることを目標にしました。

短期間でやせるをめざすなら18時以降たべないダイエットをすることと、間食をやめて、ゆっくりたべることをすることに専念して、適度な運動毎日コツコツをすすめます。

 

体幹リセットダイエット失敗

40歳目前のころ、過去最高体重を記録…。

それなりに動いているのに体重は増え続けるので、流石に対策しないと更に太るだろうと思っていた最中に「体幹リセットダイエット」なるものを知りました。

1日5分・2週間で劇的に体型が変わるし、その後無理に継続もしなくていいとのこと。苦手なことには物凄く飽きっぽい自分には、これしかない!と思い実践しました。

テキスト通りに体操を実施したつもりではいるのですが、2週間後では全く変化はなく…。

その後頑張って更に2週間続けてみたのですが、体重、ウエスト、太もも、お尻など全てのサイズが増えてしまったんです(涙)。

原因は分からないけど、思っていたよりも辛い体操だったのに、これ以上努力しても苦しいだけだと思いやめました。

 

イベントのためにダイエット

当時の私は20代前半でホステスをしていました。

夏祭り行事と共に私の誕生日が来るのですが、浴衣day・バースデーイベントとお店のイベントが続く予定でした。

浴衣はなんとかなっても、バースデーイベントの日に着るように言われたドレスが身体のラインが出ることで、少しでも綺麗に着こなしたくて1か月半ほどのダイエットを決意しました。

お菓子を辞めて車やタクシー移動を控えて歩くようにしました。

高いヒールを履いて歩き、目標のドレスを定期的に試着して体型確認をしました。

運動をしなかったので大幅には痩せませんでしたが、身体のラインが少し整い、ドレスを綺麗に着こなせてお客様に褒めていただけました!

 

タイトルとURLをコピーしました