スポンサーリンク

結婚式までに痩せたい!【ダイエット体験談】

結婚式までにダイエットにはげむ花嫁さんは多いようです。

なんといっても人生の一大イベント。

写真も動画もバッチリ残るだけに、少しでもきれいな姿を残したいと思うのは当然ですよね。

今回はそんな結婚式にむけてダイエットにチャレンジした女性の体験談を集めました。

 

スポンサーリンク

ダイエット中の嫁をラーメンに誘うな

自分の結婚式にウェディングドレスを着なければいけなかったため早急のダイエットが必要だった、とくに二の腕!!

とりあえず自分の力ではなんともならないと感じたのでエステに通いエステの力でダイエットを決意。期間は4ヶ月。

4ヶ月間は本気で取り組もうと覚悟を決め旦那にも外食は一切行かないし毎日スーパー銭湯のサウナに通うから「宜しく」と伝えておいた。

エステのお姉さんからは夕ご飯は野菜スープしか飲まないようにと、それと、お酒は一滴も飲まないことと言われ悶絶…しかしダイエットのためと4ヶ月は禁酒。

ダイエット3ヶ月目にもなると目に見えて体の肉が落ちているのが分かり喜んでいたが旦那の両親にこの頃から頻繁に外食にさそわれるようになる。

ダイエットしているからと伝え炭水化物を控えていると言っているのに連れて行くのはラーメン屋、どういう神経をしているのか(怒)と思ったがこれから先一生付き合って行く人たちなので下手なことも言えずストレスマックスに。

ここで諦めたら結婚式が台無しになると思い外食した次の日は食べたものを無かったことにしようと運動を一生懸命しました。

そのかいあって結婚式には6キロ近く痩せれてドレスの下に着るコルセットの助けもあって綺麗にドレスが着れました。

義両親にイライラしながらのダイエットでしたが無事成功して結婚式をあげれたので良しとします。

 

ドレスのサイズを妥協せず

30歳の6月の結婚式前。

やばいやばいとは思っていたのですが、お腹周りと二の腕が本気でやばい。

ノースリーブの細身のドレスを選んだのにこれでは大変。これではドレスのお腹周りに折り目が入り、袖口を腕に食い込ませたふくよかな笑顔の写真が残ってしまう!

と青くなりインターネットで対策を調べました。

実行したのは、有酸素運動として自転車こぎ、お腹周りのシェイプにねじりながらの腹筋体操、二の腕対策に、鳥のように腕を大きく動かす体操。必死でした。

結果、体重はたいして減りませんでしたが、お腹まわりと二の腕はシェイプでき、美しい!ドレス姿を写真に残すことができました。

思えば、ドレスを選ぶとき、式場の方は、余裕をもったサイズを選ぶように言ってくれてたんですけどね。でも一生に一度のウェディングですから妥協したくないじゃないですか。だったら、挙式までに妥協せずに身体を磨けということですかね。ドレス選びもダイエットも余裕をもって計画しましょう。

 

置き換えダイエットで最後の追い込み

26歳のとき、夏に結婚式を挙げる予定でダイエットをしていました。

ですが、目標体重になかなか到達しないまま本番まであと3週間と迫っていました。

それまで運動で痩せることを目指していて食事制限などは特にしたことがなかったのですが、あと2キロ減らすために意を決して試してみることにしました。

具体的には、朝ごはんを手作りのスムージーに置き換えるダイエットです。

バナナやりんごなどの果物にほうれん草や小松菜などの野菜と牛乳をブレンダーで混ぜたものを朝ごはんの代わりに飲むことにしました。

毎日だと続かないので、週に3~4回のペースで行い、3週間続けました。

その結果、あとちょっと減らなかった体重を見事落とすことができ、無事目標体重に到達して結婚式を迎えることが出来ました。

私自身食べることが好きなので、置き換えダイエットは向かない方でしたが、短期間の目標があったので頑張れました。

続けることが出来たのは、1食だけでそんなにストレスでなかったことが大きいと思います。痩せるのにストレスが良くないと思うので、無理せず出来ることをやるのが一番大切だと思います。

 

13号のドレスをすすめられたショック

26歳の冬、翌春に結婚式の予定があり、彼とウエディングドレスを選びに行くことになりました。

セミオーダーなので、気に入ったデザインさえあればあとは自分のサイズに仕立ててくれる安心感がありました。

数あるドレスの中から、理想通りのドレスを見つけて心躍らせながら早速試着室に。試着用のドレスは9号。普段会社の制服が11号をゆったりめに着ていたので問題なく着れると思っていたのですが、実際着てみると想像以上にタイトで、後ろのファスナーが半分も上がらなかったのです。

試着室のカーテンを開けて、私を正面から見た彼氏は立ち上がって「キレイだよ」とほめてくれたのですが、私は「これ以上お願いだから近づかないで!」と心の中で叫んでいました。後ろはファスナーが開いたままクリップで留めてもらっていただけだったのです。恥ずかしいのとショックなのとで、すぐにカーテンを閉めてドレスをそそくさと脱ぎました。

サロンのスタッフの方に勧められたサイズはまさかの13号。これはいけないと思い、何とかなりそうな11号でオーダーし、そこから本気のダイエットが始まりました。

2か月の間夕飯だけを抜き、どうしても我慢できない時は味付け海苔や昆布と水で胃を膨らませて寝た夜もありました。暇があればウォーキングに励みました。

そして、オーダーしたドレスが仕上がって再度試着に訪れた日。6キロ落とした私の完全勝利です。11号ではありますが、後ろのファスナーも難なく上がり、カーテンを開けて彼氏の前でくるっと回って見せることができました。

朝だけは満腹まで食べていいとか、1日に1回はお米をしっかり食べるとか、「食べないルール」ではなく「食べるルール」を作ってメリハリをつけることで、ストレスなく続けられたと思います。

 

断食は駄目

結婚式までの2週間でダイエットに本腰を入れました。当時26さいでした。

私は生理前になると食欲が止まりません。ご飯やパンなど炭水化物が止まりません。その為、せっかくダイエットしても生理になるとリバウンド、そして体重がどんどん増えます。だから生理が終わってからの結婚式までの2週間で本気ダイエットをしました。

その内容はとにかくカロリー制限です。食べるものを極力やめました。

しかし、断食はけっしてしません。過去のダイエットでありますが、どこかで限界で反動がきます。そして体調を崩します。少しの階段でさえ上れなくなったこともあります。

その為、自分の日常生活が出来る、そして結婚式で良い状態で出来る程度でカロリー制限をしました。体重計になると一喜一憂して断食してしまいそうだったので乗りませんでした。その為どへくらい痩せたかは分かりませんが、自分の望んでた状態になり満足して当日を迎えました。

 

夫とともにジム通い

短期ダイエットを始めたのは、36歳になる直前の春でした。

1ヶ月後にジューンブライドを控えていて、一生に一度の晴れの日なのだから、綺麗になってウエディングドレスを着たいと思い、ダイエットをして目立つ脇肉と下腹を凹ませたい!という理由からでした。

そこで、私は夫が通っていたジムに一緒に行くことにしました。

ジムでは、まずストレッチポールを使ったストレッチを5分、その後、マシーン数種類を使って上半身、下半身の筋肉を鍛える運動を20回×3セット、さらに、ランニングマシーンで早足くらいのスピードで10分の歩行をしました。

それらを終えると、代謝をあげるためにアロマが焚かれた低めの温度のミストサウナに10分くらい入り、その後プールで少し歩いて、最後に高温のサウナ(ロウリュ)に入り、汗をびっしょりかいて、水風呂に入り、というこれらを一連のジムとして課していました。

ダイエットの成果としては、体重は少し減りましたが、下げ止まりがおきほとんど変わりませんでした。ただ見た目としては少し引き締まったと思います。

結婚式前日、ウエディングドレスを最終チェックした時に衣裳屋さんにも「頑張ったね、分かるよ」と言ってもらえて嬉しかったです。

もし1人でやっていたら途中で心が折れていたと思いますが、私の場合は一緒に行ってくれるパートナーがいたので、それが続いた要因です。また、ジムで出会った人たちにも宣言したりして、自分を追い込んでいました。誰かに宣言したり、誰かに監視してもらう感じくらいの方が、やる気もでると思います。

 

1週間半のゆるダイエットでも効果あり

23歳の夏に結婚式のため最後のひと押しで、糖質カットダイエットを1週間半やりました。

主に主食は鶏胸肉とササミ、野菜はサラダや温野菜、副菜に蒟蒻・豆腐・大豆などで作っていました。

どうしても炭水化物を取りたいときはご飯やパンの代わりにおからパウダー、麺料理は糖質ゼロ麺に置き換えました。

結果、体重は2キロ痩せてドレスはワンサイズ下がりました。

すぐ元の食事に戻し体重も体型も元通りになってしまいましたが、糖質カットまで極端ではなく糖質制限にして緩やかにルールを決めて継続すれば、食べるものに気を付けるだけでお腹いっぱいにすることはできるのであまりストレスも感じずにできると思います。

 

目標達成ならずも目的は達成

今年4月に大好きなみなとみらいでフォトウエディングを予約していたのにも関わらず、、、コロナ太りをしてしまった。

ドレスの試着に行きとても気に入った1枚に出会うも、背中のチャックがあと少しの所で上がらず断念。別のドレスを選ぶも納得はいっていない。

どうしても諦められずに、5000円の追加料を払い1か月後の2回目の試着までに痩せて気に入った1枚を着ることになった。「本気出せばいける」と真剣な旦那。目が本気で怖い。

その日から毎日「竹脇まりなさん」のトレーニング動画、DAPUMPのUSAエクササイズ、ウオーキングを決行。

汗をかいていい感じになるものの、誘惑に負けることもあり意思の弱さもあり、見た目はあまり変わらず。

結局2回目の試着時も前回よりはチャックがしまったものの完全には閉まらなかった。

あまりにも残念な結果になったのを見かねて、お店の方が閉まらなかったチャックの部分にあて布をしてカバーしてくれることになり、気に入ったドレスを着て写真を撮る事が出来た。

今は目標がないものの市民ジムに行き体を引き締めている。今の方が集中して出来ている。ダイエットは目標があると痩せる!とよく聞くけど、時には目標がプレッシャーになりすぎてしまう事もあると思う。もしもそのタイプなら、自分のストレスにならない程度の目標を設定するか、目標設定までの期間を余裕をもって設定することがいいかと思う。

 

リバウンドの繰り返し

27歳の冬に結婚式のためにダイエットを開始しました。

秋頃まではあまり体型について気にしていなかったのですが、気づいた時には体重が増えてしまっていました。

過去最高を記録してしまっていたので、少しでも痩せたいと急いでダイエットを開始しました。

炭水化物を抜くダイエットを中心にしていました。

夕食は炭水化物を食べない。炭水化物は1日一回にするなどルールを決めて取り組みました。

しかし、結局痩せることはできませんでした。

一時的に痩せたと思っても数日後には戻ってしまい、上がったり下がったりを繰り返しているうちに結婚式当日を迎えてしまいました。

結婚式2日前ぐらいからは、怖くて体重計に乗ることができませんでしたが、結果的にダイエットは失敗に終わりました。

結婚式の写真は角度によっては、人に見せられない姿になっており、計画的にダイエットしておけばよかったと後悔しました。

食事制限だけのダイエットはリバウンドしやすくはおすすめしません。私の場合ですが、ストレスも溜まってしまい全くいいことはありませんでした。ダイエットは長期戦で計画的に、そして運動を必ず行うことが重要だと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました